種類別飼育方法

繁殖を楽しみたい方におすすめ!プラティの飼育方法まとめ

プラティは熱帯魚飼育の世界では非常にメジャーであり、グッピーやベタと同様、人工的に交配が重ねられた結果、非常に多くの品種が存在しています。

そのような経緯から現在市場に流通しているプラティは、総じて人工的な飼育環境に対して適応能力が高く、丈夫で水質にもうるさくない非常に初心者向けの熱帯魚となっています。

また、卵胎生のグループに属するため繁殖も非常に容易に楽しむことができますが、その反面放っておくとどんどん数が増えてしまうので注意が必要です。

基本データ

名称 プラティ
学名 Xiphophorus maculatus
分類 メダカ(卵胎生)グループ
体長(成魚) 5cm
寿命 1半年程度
飼育環境・飼育難易度
飼育温度 26℃前後
飼育水 pH7.2
市場価格 100~2,000円(珍しい品種は高価になります)
総合飼育難易度 ★☆☆☆☆易     難

プラティを飼育する上でのポイント

水槽は繁殖を楽しむなら45cm以上のものを選ぶ

プラティは最大でも5cmと小型種のため、30cm規格水槽で十分飼育することができます。ただ、気を付けなければいけないのは卵胎生グループの宿命である圧倒的なスピードと成功率を兼ね備えた出産です。オス・メスを一緒に飼育していると、あれよあれよという間に稚魚が増えていきます。その稚魚もいつしか大人になって繁殖するようになり、気づけばいつの間にか水槽が手狭になってしまう可能性は否定できません。

せっかくだから繁殖にも対応できるようにしたい、という場合には余裕を持った45cm規格水槽の使用をおすすめします。

底砂は大磯砂またはソイルがおすすめ

プラティの飼育において、特定の機能や性質をもった底砂の導入は必要ありません。そのため、汎用的かつ半永久的に使用できる大磯砂の導入がお勧めです。ただし、大磯砂には貝殻等のpHを変化させる異物が入っているものがあるので、貝殻等処理済みのものを購入するか、自身でしっかりと処理をしてから使うようにしましょう。

また、本種と同時に水草を飼育しようとする場合には、水草が根を張りやすいソイルを用いるのがお勧めです。

フィルターは外掛けor上部式が好ましい

プラティは特別に水を汚す種ではないので、フィルターの選定にそれほど神経質になる必要はありません。30cm水槽であればメンテナンスが容易な外掛けフィルター45cm水槽であればもう少しろ過能力の高い上部フィルターを使用してあげればよいでしょう。どちらの場合でも、プラティが繁殖することを前提にする場合は、フィルターの吸引口にスポンジ等を取り付けて、稚魚が吸い込まれるのを防ぐ処置が必要です。

人口飼料への餌付けはとても簡単

プラティの人工飼料への餌付けは非常に容易です。というよりも、飼育者は特に何もする必要はありません。プラティの口に入るサイズの餌であれば、フレークタイプ・顆粒タイプを問わず始めからパクパクと食べてくれます。

混泳について

同種との混泳 (容易)
他種との混泳 (容易)

プラティの混泳は、同種・他種ともに全く問題なく行うことができます。そもそも人工的に改良を重ねられてきた種なので、閉鎖的な空間に多数の熱帯魚がいるという状況に強いのです。

同種間では群れることこそないものの、ケンカすることなく同じ水槽内で暮らしてくれます。他種に関してもこちらからケンカを仕掛けることはまずありませんので、プラティがいじめられてしまうような気の強い熱帯魚でない限りどんな種類とでも仲良くやっていけることでしょう。

繁殖難易度

飼育下での繁殖 (容易)

プラティの繁殖は、熱帯魚の中でもトップレベルに容易です。方法としては、オス・メスを複数飼育し、あとは健康な状態を維持するだけです。1~2カ月もすれば、いつの間にかお母さんのお腹から稚魚が泳ぎだしてくるでしょう。

後は共食いに注意すべく、水槽内に少し多めの水草を入れたり、隔離箱(サテライトと呼ばれます)を用意して水槽に設置し、そこでしばらく飼育してあげればOKです。

なお、繁殖させたくない場合には、オス・メスを同時に飼育しないくらいしか対処法がありません。本種のオス・メスの区別は少々難しいものの、ショップの店員などでしたら見分けることができると思いますので、どちらか一方に固定できるよう工夫していきましょう。

この記事をシェアする