種類別飼育方法

スポッテッドガーの飼育方法まとめ

スポテッド・ガー

細長い口吻を持ち、まるで小さい魚竜なような姿が特徴的なスポッテッドガー。

現在生息する魚類の中で、1,2を争うレベルの原始的グループに属していることが分かっています。

熱帯魚の中では大型のため、ある程度大きい水槽が必要になりますが、それ以外では病気もしにくく、比較的育てやすい熱帯魚といえます。

基本データ

名称 スポッテッドガー
学名 Lepisosteus oculatus
分類 古代魚グループ
体長(成魚) 75cm
寿命 15年程度
飼育環境・飼育難易度
飼育温度 25℃前後
飼育水 pH7.0
市場価格 3,000~10,000円
総合飼育難易度 ★★☆☆☆易     難

飼育のポイント

水槽のサイズは120cm以上でスリムタイプは控える

ショップで売られているスポッテッドガーの多くは15cm以下の個体が多いです。しかし、その後飼育を続けていくとグングン成長し、最終的には60cmオーバーの大型魚に成長します。

そのため、終生飼育を考えた場合120cm規格以上の水槽サイズが必要になってきます。ガーは体が硬く、転回が下手な部類に入るので、縦幅もきちんと規格に合ったものを購入しましょう。(スリムタイプでの飼育は事故の原因になります。)

また、ガーの仲間は飛び出し事故を起こすことがありますので、水槽上面にはしっかりと重し付き(水を入れた2リットルのペットボトルなど)の蓋をする必要があります。

底砂は敷かない(ベアタンク)方が管理が楽になる

スポッテッドガーは大型の肉食魚なため、大変な大食漢です。食べ残しや糞などのごみがすぐたまりますので、底砂は敷かないベアタンクでの飼育をお勧めします。ベアタンクであれば掃除は非常に容易です。

フィルターは外部式と上部式の並行稼働がオススメ

食べ残しや糞などで水を汚しやすいスポッテッドガーには、十分なろ過装置が必要です。特に上で推奨しているベアタンクの場合、底砂に繁殖するはずのバクテリアがいない状態のため、求められるろ過能力は特に大きくなります。

ただ、スポテッドガーはもともと流れの穏やかな川の中で生息しているため、あまり泳ぐのが得意ではありません。

そこでお勧めのフィルターは、水流弱めの外部フィルター+上部フィルターを並行稼働することです。

水流の強弱は、ポンプ容量の確認が必要ですが、単純に自分の水槽に対しワンサイズ小さい種類を購入すれば、ほとんどの場合優しい水流になります。

こうすることで、水流の穏やかな住環境を提供しながら、フィルター2台稼働によりろ過性能についても十分に確保することができます。

なお、バクテリアの急激な減少を防ぐため、外部フィルターと上部フィルターのメンテナンス(掃除)時期は必ず1週間以上ずらすようにしましょう。

人口飼料への餌付けは個体差が激しい

スポッテッドガーの餌付けは、個体によって差があるもののかなり難しい部類に入ります。

肉食魚のため、小赤やメダカ、アカムシなどの生餌をあげることがメインとなるでしょう。アカムシ等は、冷凍のものをあげても食べる個体が多いようです。

人口餌に慣れさせたい場合には、赤虫ハンバーグ)を利用することをお勧めしますが、これも成功する保証はありません。

万が一成功しなかったことを考えて、終生生餌で飼育できる条件を整えられなければ、本種の飼育は避けた方が良いでしょう。

赤虫ハンバーグでの餌付け方法
  • 人工飼料1:冷凍赤虫9くらいの割合で両者をミンチ状にし、パチンコ玉くらいの大きさに丸めましょう。
  • 冷凍赤虫=餌と認識していれば、たいていの場合食べてくれるはずです。(食べない場合は赤虫の割合を増やす)
  • その後、徐々に人口資料の割合を増やしていき、最終的に人口飼料100%を食べてくれれば餌付け完了です。

混泳について

同種との混泳 (可能)
他種との混泳 (可能)

スポッテッドガーはおとなしい性質のため、同種他種問わずに混泳できる種は多いです。注意点として、ガーの口に入る小型の熱帯魚は餌になってしまうので、混泳させてはいけません。基準としては、体長10cm位が目安になります。

また、スポッテッドガーに対し攻撃的になる獰猛な種も、当然避けるべきでしょう。一例として、プレコ・アロワナ・オスカーなどがあげられます。

繁殖はできないものと考えよう

飼育下での繁殖 (困難)

スポッテッドガーの飼育下での繁殖は、まず不可能と考えてよいでしょう。そもそも、本種はオス・メスの判別方法が確立されていませんので、カップリングからして運頼みです。(もちろんDNA鑑定等すれば可能でしょうが…。)

繁殖のことは考えず、購入してきた熱帯魚を立派に成長させることに注力されることをお勧めします。

この記事をシェアする